安倍川開発株式会社
HOME > 会社情報(主要事業・経営理念・行動指針)

主要事業

主に、コンクリート用の骨材を製造・販売しています。

骨材の取扱量は、年間約562万トン(15年度)、その骨材として、「砂」「砂利」「砕石」などの品質の確保と安定供給に努めています。


骨材(こつざい)とは、コンクリートをつくる時、セメントと水と一緒に混ぜ合わされる砂や砂利のことで、コンクリートの強度を左右する重要な材料です。

道路のようにアスファルトを使用して砂や砂利を固めて、舗装する場合などにも使われます。

経営理念

共存共栄

安倍川開発は、太平洋セメントグループの一員として、

持続可能な地球の未来を拓く先導役として、

未来に向かって限りなく挑戦し続け、

地域社会・顧客・社員の共存共栄の道を歩みます。

行動指針
  1. 永続的な発展に向け、経営資源を集中し、企業価値の最大化を目指します。
  2. 広く地域社会とコミュニケーションを行い、調和に努めます。
  3. 法令を遵守するとともに、社会の良識に則って対応します。
  4. 技術の更なる向上に努め、優れた商品を安定供給します。
  5. 地域社会へ貢献し、信頼される企業づくりを目指します。
  6. 事業環境の変化に即応し、柔軟な発想と行動で対応します。
  7. 一人ひとりが社内外に通用する人材となることを目指します。
  8. 人権を尊重し、安全で健康な職場づくりに努めます。