安倍川開発株式会社
HOME > 品質管理・環境

品質管理

社内外の検査でお客様に喜ばれる
品質管理を行っています。

コンクリート骨材の品質は、JIS規格により細かく定められております。骨材を安心して使用してもらうため、社内試験室を設置し、品質検査を実施しています。

また、社外の検査機関での定期的な骨材試験とアルカリシリカ反応性試験を実施しています。

外注試験の実施に当たり、試料のサンプリングは得意先品質管理責任者立合のもと厳格に試料を採取しています。

骨材試験室
各プラントに骨材試験室を設置し製品の品質を管理しています。
試験室内部
骨材粒度分布を調査する、ふるい分け試験は製品ごとに行い、試験データが生産工程に役立ち、お客様に信頼される品質管理を行っています。
試験室内部
同じ山から掘削しても原石の性状は一定ではありません。品質管理は当社にとって重要な業務です。

生産工程

原料採掘から製品出荷まで
環境・安全に重点を置いた管理をしています。

原石掘削
山の掘削は法令で定められた認可申請を行い、その採取計画に従って行っています。
原石運搬
ブルドーザとパワーショベルで掘削した原石は、ダンプトラックでプラントまで運搬します。
原石ホッパー投入
採掘した原石をプラントに投入します。
トロンメル・第一次選別
投入された原石は、トロンメルにより粗骨材と細骨材に分けられます。
集中操作室
プラントの稼働状況が一目で分かる集中管理室で操作します。
砂生産・ストック場
サイズごとに洗浄・選別された製品はベルトコンベアで運ばれ、ストックしています。
製品積込
製品の出荷では、ホイルローダ−によりダンプトラックに積載し、運搬しています。
計量出荷
出荷する製品の重量はトラックスケールで計量を行い、納品伝票と一緒にお客様へお届けしています。

地域の皆様とともに

環境負荷軽減

環境への影響がないように、
細心の配慮をしています。

骨材資源も有限ですが、自然環境も有限です。採取した跡地は、植樹等による緑化を行い、自然環境の復元に努めています。

また、ダンプトラックが道路を汚すことを放置せず、当社の道路清掃車が道路清掃を行っています。

緑化植樹
採取跡地は植樹により緑化して土地の所有者に返還します
茶畑
採取跡地は茶畑、畑などの農業用地として復元しています。
道路の清掃車
ダンプの安全輸送と共にダンプ道路や周辺道路の清掃を行い、環境美化に努めています。

【地域と連携】

地域の皆様の理解を得るために、
地域とのコミュニケーションを強化しています。

私たちの事業は地元地域の方の協力や理解が必要不可欠となっています。

地域の方々への感謝とコミュニケーションを大切にして事業を進めています。

地域の行事への参加(溝掃除・祭典等)また、地元幼稚園への砂提供などを行い、園児に喜ばれています。

プラント見学会を開催
地元の人たちの理解を得るため、定期的に掘削地やプラントの見学会を開催しています。
公園に活用
採取跡地は公園などに活用され、子供たちの遊び場として喜ばれています。
砂場用の砂
公園や幼稚園の砂場にも使用されています。