会社概要

創立
1951年(昭和26年)9月13日
資本金
2億円(授権資本8億円)
代表取締役社長
前川 浩一
株主
太平洋セメント株式会社
従業員
57名
営業種目
コンクリート用骨材・道路用 骨材等の生産販売
残土受入事業
競馬用砂の販売
セメント・生コン等建設材料の販売
健康食品その他の販売
取引銀行
静岡銀行・用宗支店、三井住友銀行・静岡支店
清水銀行・静岡支店

本社アクセスマップ

〒421-0112 静岡県静岡市駿河区東新田四丁目9番37号
TEL.054-259-3126(代) FAX.054-257-0313

主要事業

主に、コンクリート用の骨材を製造・販売しています。
骨材の取扱量は、年間約476万トン(19年度)、その骨材として、「砂」「砂利」「砕石」などの品質の確保と安定供給に努めています。


骨材(こつざい)とは、コンクリートをつくる時、セメントと水と一緒に混ぜ合わされる砂や砂利のことで、コンクリートの強度を左右する重要な材料です。
道路のようにアスファルトを使用して砂や砂利を固めて、舗装する場合などにも使われます。

経営理念

経営理念

安倍川開発は、太平洋セメントグループの一員として、
持続可能な地球の未来を拓く先導役として、
未来に向かって限りなく挑戦し続け、
地域社会・顧客・社員の共存共栄の道を歩みます。

行動指針

  • 永続的な発展に向け、経営資源を集中し、企業価値の最大化を目指します。
  • 広く地域社会とコミュニケーションを行い、調和に努めます。
  • 法令を遵守するとともに、社会の良識に則って対応します。
  • 技術の更なる向上に努め、優れた商品を安定供給します。
  • 地域社会へ貢献し、信頼される企業づくりを目指します。
  • 事業環境の変化に即応し、柔軟な発想と行動で対応します。
  • 一人ひとりが社内外に通用する人材となることを目指します。
  • 人権を尊重し、安全で健康な職場づくりに努めます。

組織図

沿革

注:表は横スクロールします。

1951年(昭和26年) 9月 静岡市に「安倍川開発株式会社」設立
1970年(昭和45年) 11月 竜洋プラント開設(現在、浜松事業所)
1975年(昭和50年) 相馬営業所開設(現在、東北支店)
1989年(平成元年) 5月 掛川事業所開設
1991年(平成3年) 三河骨材センター・三河営業所開設
本社社屋建設
1998年(平成10年) 東海支店開設
1999年(平成11年) 5月 南袖骨材センター開設
2003年(平成15年) 9月 ゴルフ練習場閉鎖
11月 ゴルフ練習場跡地 新日邦社と賃貸借契約締結
2007年(平成19年) 3月 小笠開発株式会社(子会社)を吸収合併
2015年(平成27年) 4月 葦原工業株式会社(子会社)を吸収合併
2020年(令和2年) 7月 三河営業所・三河骨材センター 閉鎖
田原事業所 骨材生産終了
8月 田原事業所 残土受入事業 開始
TOPへ戻る▲